中古車を購入するときは、車体そのものに安い値札がつけられていたとしても、諸費用としてかならず支払わなければならない金額が、そのほかにもあるということを認識しておかなければなりません。

そのため、中古車のディーラーによっては、「車両本体価格」とよばれる車体の価格のほかに、「乗り出し価格」として、こうした諸費用までを含めた価格を提示して、まちがいがないようにしているところもあります。



中古車購入時の諸費用が具体的にどのようなものであるかですが、まずは税金などのように、法律に定めがあるために必要とされる「法定費用」とよばれるものと、ディーラーに対して直接支払うもので、場合によっては値引きなどが行われることもある「手数料」に大きく分けられます。
「法定費用」については、自動車取得税、自動車重量税、その年の自動車税の残り分、自賠責保険の保険料、消費税などといったものが挙げられます。
いっぽうの「手数料」については、車検証の記載事項を変更する手続きや車庫証明を取得する手続きをディーラーで代行するときの人件費、納車や下取りのための手間賃などといったものがあります。



税金などではそうはいきませんが、販売促進のキャンペーン期間中に中古車を購入したため、下取り費用を大幅にサービスしてもらうなど、営業マンの裁量で安くしてもらえるということもあるため、自宅にチラシなどが入った時期に購入するというのもひとつの方法といえます。

いずれにしても、中古車を購入するにあたっては、本体価格に加えて20万円から30万円といった高い金額が諸費用として追加になるのが普通ですので、ていねいに見積りをしてもらうことが肝心といえるでしょう。

産経デジタルに関する特集が満載です。